マンションリフォーム
マンションリフォームを選ぶ10の理由 施工事例 マンションリフォームへのお問合せ
永く遺すために
リノベーションとは、今あるものを生まれ変わらせること。住まい作りに当てはめれば、中古物件を改修して新たな住まいとして再生させることを意味します。時を経ることで住宅の設備や間取りは老いていきますが、リノベーションによって新たな価値を与えれば、魅力的な住まいとして生き返らせることが可能です。 これから日本ではマンションの高齢化が進んでいきます。しかしそれらを全て建て替えていくわけには到底いきません。古いものを大切に保全していくことが必要な時代です。
マンションリフォームを選ぶ10の理由
街を見直してみると、意外にいい場所に中古マンションが立っていませんか? 中古マンションは、マンションの一番の条件、立地が優れているのです。 中古マンションのもう一つの魅力は価格の安さです。新築マンションは完成したときがいちばん価値が高く、その価値は年々下がっていきます。つまり、「建物本来の価値」にではなく、「新しさ」にお金を払うというわけです。
中古マンションは、築年数で評価されます。構造や管理状態がよくない10年前のマンションと、構造も管理状態もしっかりしている20年前のマンションでは、後者のほうが安くてお買い得です。リフォーム費用を足しても、新築マンションを買うよりも安くつきます。
資産価値が上がる
古いマンションでもリフォームすれば、新築以上に快適な住まいが実現するだけでなく、リフォームすることで、中古マンションの資産価値がぐんと上がるのです。たとえば、築20年の中古マンションを買い、リフォームした後10年間住んで、何かの事情で売ることになったとします。その場合、同じマンションのほかの部屋よりも部屋の中がきれいですし、こだわりのある間取りや仕様にしていますので、価格を比較的高く設定しても、買い手がつきやすいでしょう。賃貸に出す場合も、同じ築年数の部屋よりも人気の高い物件になるはずです。
マンションを資産価値としてとらえ、活用するという観点でも、マンションリフォームは、賢い考え方の一つなのです。
自由設計ができ、好きな間取りにできる
ありきたりな間取りに不満はありませんか?
そういう人には、中古マンションリフォームという考え方がきっと合うはずです。そして、そんな人には、スケルトンリフォームをおすすめします。スケルトンリフォームとは、部屋の壁や床などすべて取り払い、なにもない一つの箱の状態にし、それから自由に間取りや設備仕様を考えていくというリフォームの方法です。
自分の好きなように、自由に間取りを考えることができるので、自分のライフスタイルにぴったり合った空間がつくれるのではないでしょうか。型にはまらずに、自由で快適な暮らしを手に入れたいものです。
インテリアに合わせた空間が出来る
人が毎日の生活でいちばんよくふれるのは、ソファやベッドといったインテリアです。 たとえばリビングのソファとテレビの位置を決める場合、どのくらいの空間がよいか、壁の色は、照明の明るさは、と考えてゆくことで、心からくつろげる空間ができあがります。 スケルトンリフォームであればコンセントの位置が変えられますので、家具が自由に配置できるのです。
広さが限られているマンションだからこそ、インテリアから考えるべきではないでしょうか。
住宅設備が選べる
マンションリフォームなら自分のお気に入りのキッチンや浴槽を入れることができるのです。使いたい設備を先に決め、使い勝手も考慮しながらレイアウトすればよいのです。また、その設備の大きさや形に合わせて、すっきりと洗練されたデザインに仕上げることができます。
生活のなかでも、こだわりたい時間やスペースは、誰にだってあるものです。自分のお気に入りの時間やスペースが充実することで、生活すること自体がもっと楽しくなるはずです。
せっかくの我が家、もっとわがままに考えていきたいものです。
素材が選べる
中古マンションリフォームなら、自分の気に入った素材が選べます。珪藻土や無垢材はもちろん、年数が経つほど味わい深くなる素材など、よい素材はたくさんあります。合板のフローリングは年数が経つと色が剥げてゆき、みすぼらしくなっていきますし、クロスも数年ほどで張替えが必要になってきますので、アフターメンテナンスに余計なお金がかかります。だったら少しくらい価格が高くても、できるだけ自然に近いもので、長持ちする素材を使ったほうがいいのではないでしょうか。
毎日暮らす家ですから、自分と家族の納得の行くものを選びたいものです。
防音工事で生活騒音をシャットアウトできる
マンションのデメリットの一つに、生活騒音の問題があります。
お隣や上下階から聞こえてくる音も気になりますが、自分たちが立てている音が周りに迷惑をかけているかもしれません。
中古マンションであれば、入居前に部屋に入り、どの程度の音がするのかなどをしっかり確認できます。リフォームを行う際に、壁や床に防音材や吸音材を入れることもできるから安心です。
その人の生活スタイルに合わせて、必要な場所に必要なレベルの防音材や吸音材を入れればいいのです。自分で選ぶので、防音の場所、防音の等級などもはっきりわかりますし、ストレスを感じずに安心して生活ができます。
事前に管理状況や住人が分かる
管理組合の存在は、マンションではとても重要です。
中古マンションであれば、すでに管理組合はできており、しくみもできあがっています。しっかりしている管理組合かどうか確かめることができますし、よい管理組合であれば、安心して入居できます。 中古マンションなら、隣の人や上下階に住んでいる人のことは、管理組合に聞けば最初に知ることができます。もちろん、プライバシーに関わることまで聞くわけにはいきませんが、どんな人なのかくらいは教えてくれるはずです。
同じ屋根の下に住む人たちがどんな人かわからずに購入するのは、ちょっと不安ではありませんか?
眺望や構造などがチェックしやすい
窓からの眺望や日当たり、梁がどのあたりにあるか、間取りの雰囲気など、知りたいことはいっぱいです。それに、風向きの具合で入ってくる近所からの匂いなども気になるところ。
その点、中古マンションは、すでに建っており、人も住んでいます。実際の部屋を確認することができますので、眺望も日当たりも居室の広さも、そして匂いも、しっかりと確認して選ぶことができます。
マンションの構造や施工状態もチェックしておく必要があります。中古マンションの場合、管理組合に聞けば、耐震強度の調査やアスベストの使用の有無も教えてくれるはずです。
修繕積立金と消費税がお得
マンションを購入し、入居したら毎月支払わなければいけないのが、修繕積立金です。
もし築10年目にマンションを購入し、入居10年後、つまり築20年後に外壁に修繕をするとしたら、あなたが支払う修繕積立金は、10年分でいいのです。
また、中古マンションの場合、最初から金額がわかっていますので、月々の支払い計画が建てやすいという利点もあります。
もう一つお得なのは、消費税です。中古マンションの場合、消費税がかからないことがあります。
企業として商売するのではなく、個人と個人で売買するのであれば、消費税はかからないのです。